• ホーム
  • してはいけないスキンケアの方法

してはいけないスキンケアの方法

肌の問題を気にする女性

してはいけないスキンケアの方法として、メイク落としに時間をかけすぎるやり方があります。
メイクを落とすのはクレンジング剤ですが、クレンジング剤の成分は強力です。
そのクレンジング剤を肌に長い時間塗布して洗うと、メイクの不要な油分は落とすことはできますが、皮膚に必要な成分も一緒に落とすことになります。
クレンジングは、長い時間をかけて行うのは控えましょう。
クレンジングはオイルタイプは、協力で刺激も強いタイプです。
ミルクやクリームタイプは、肌にも低刺激でメイクを落とすことができます。
メイクオフのクレンジングは、時間にして1分以内を目安にしましょう。
洗顔料の配合成分も確認をすることです。
うるおい成分として洗顔料に油分を配合しているタイプがありますが、毛穴を洗浄して保湿するので、その前に顔に油分がついているのはあまり良い状態ではありません。
洗顔料に潤いを求めるのではなく、洗顔料はあくまでも汚れを落とすことを目的として、保湿は化粧水や乳液を重視することです。
日中のスキンケアでやりがちなこととして、スプレー化粧師を携帯している女性も多いでしょう。
乾燥対策に便利ですが、使い方を誤ると逆効果となります。
スプレー化粧水を肌にかけてそのままだと、水分は蒸発するので、余計に肌は乾燥します。
使用するなら、乳液もセットにすることです。
スキンケアで気をつけるべき事として、美容クリームや乳液を過剰に塗るという行為です。
化粧水や美容液の仕上げに油分を塗布するのはいいのですが、付けすぎるのはいけません。
湯bンを含む化粧品は、過剰につけてしまうと酸化しますから、皮膚の老化につながりやすくなるためです。
適量を手に取り、薄くのばして使いましょう。

最近の投稿
アーカイブ